うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

仕事を休み続けるなか、子ども2人を育てないといけないのに収入もなく、貯蓄をくずしながら生活をしていた。(福岡県岡田さんの事例)


1.基本情報


氏名:岡田さん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:福岡県
病名:気分障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約150万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約560万円)

2.事例


社内の人間関係、過大なノルマや、長時間労働に悩み、ストレスを感じていた。

岡田さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●具合が悪くなるので、人が多いところで買い物ができない。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●電話に出ることができない。
●日常生活全般が1人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .岡田さんの声


仕事を休み続けるなか、子ども2人を育てないといけないのに収入もなく、貯蓄をくずしながら生活をしていたが、先が見えず私が死んでしまえば、2人の子供は社会人となり生きていけなくなるのでは・・と悩んでいました。

ネットで収入がない、双極性障害と検索してみたら、あなたは障害認定を受けられるかもと、うすうす大丈夫なのかなと無料判定を受けました。

すぐには依頼をしませんでした。高額なお金がかかるイメージもありましたし、信用できなかったからです。

体調が悪くなって、わらをもすがる思いで電話をしたんですが・・・とても優しく皆が病院になって働けない状態が続けば、誰もが申請する権利があるんですよと教えていただき、一人で悩んでいた私にひとすじの光を与えてくれた方でした。

病院の先生には簡単には受けられないよ、と社労士さんが嫌う言い方をされてましたが、事務所からの書類に目を通して、ここの社労士さんはすごいね、僕の考えが少し間違っていたかなと、その後は、協力していただき、何の問題もなく手続きも終わり、2級という最高の結果が出て、本当に嬉しかったです。

皆さんへ
私も面倒だったり、あきらめだったり、一人でももやもやしていましたが、専門でやられているので、1日も早く行動して、生きる道を切り開いていきましょう。私よりもひどい方に教えたら、前よりも明るくなって、喜んでくれました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける