うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

本当に受給が今の私にできるのか不安はありました(東京都T.Mさんの事例)。


1.基本情報


氏名:T.M
性別:男性
年齢:30代
都道府県:東京都
病名:双極性障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約138万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約300万円)

2.事例


長時間勤務等、仕事上で強度のプレッシャーがあった。

T.Mさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●自分で食事を用意することができず、コンビニ弁当や冷凍食品を食べている。
●自分ではできないため、親に洗濯をお願いすることがある。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●週2回ほど薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●水道やお風呂の水を流しっぱなしにすることがある。
●他人に説明をするのが難しい。
●家族以外交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .T.Mさんの声


本当に受給が今の私にできるのか不安はありました。
失業手当も終わり、住宅ローンもある中、わらにもすがる思いでした。

Googleで「うつ病 障害年金」で検索して、たどりつきました。

体調が優れなかった点と、本当にもらえるのか、事例をHPで拝読し、時間がかかりましたが、決めました。

無料の電話相談で親身に話を聞いてくださったからです。
最初の主治医ではダメだったので、転院をしました。そのため、半年ほどかかりました。
その際に、荻島先生にて病院にコンタクトをとってくださり、診断書を書いて頂ける見込みがあるか確認してもらえたことがありがたかったです。

はじめは少しうしろめたさを感じておりましたが、同時に社会の保険制度を使わなければ生きていけないことを感じ、病気を再認識できました。
苦しい今を生きるために社会保険制度を利用することが、結果将来の社会の役に立つための第1歩だと感じました。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける