うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

家の大黒柱である主人がうつ病になってしまったため、今後の生活やお金の面で一気に不安でいっぱいになりました(岩手県T.Iさんの事例)。


1.基本情報


氏名:T.Iさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:岩手県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約160万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約400万円)

2.事例


新しい職場で仕事を覚えるのに必死で、自分のことだけで精一杯であった。そんなとき、子供がいじめにあったり、妻が精神的に不調になってしまったことで、誰にも頼れず、かなりのストレスを感じていた。

T.Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は4日間も入らないこともある。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻が買い物に行っている。
●時折、薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●本や新聞が読めなくなってきた。
●家族以外交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .T.Iさんの奥様の声


家の大黒柱である主人がうつ病になってしまったため、今後の生活やお金の面で一気に不安でいっぱいになりました。
主人が仕事を辞めて、家で療養生活に入ってからも、悪化がひどく、病院へ何度も通うのも経済的負担が大きいです。

ネットで申請の仕方を調べている際に、御社のHPを拝見しました。

すぐに依頼をしました。
担当者と電話のやりとりでは、あまり余計な説明はせずに、簡潔に話をすることで、手続きに入るのも早いです。仕事が早いと思いました。

特にこちらが大変なことはなかったです。言われたものを用意するだけで、わずらわしいことを全て代行して頂き助かりました。

うつ病になると、精神的な治療に加えて、さまざまな体の不調も出てきます。
内科や脳外科など、通院の機会が増えますので、治療費もかさみます。
主人のように仕事もできなくなると特に年金の受給は、必須となってきます。
心穏やかに治療できるために、障害年金というシステムに助けてもらってください。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける