うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

やはり、代行時の金額でした(神奈川県石原さんの事例)。


1.基本情報


氏名:石原さん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約440万円)

2.事例


子育てにストレスを感じていたため。

石原さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●1日中パジャマで過ごしてしまう。
●お金の管理は難しいため、代わりに夫が管理をしている。
●時折、薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●本や新聞が読めなくなってきた。
●家族以外交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3. 石原さんの声


やはり、代行時の金額でした。

ネットで調べていた時には自分は当てはまるのかネット診断にて、辿り着いたのがきっかけです。

すぐに電話をして、丁寧に相談に乗っていただけたのを覚えています。

初めに着手金の流れやこれからのことを具体的に教えてもらい、電話でのやりとりでしたが、先生のことを信頼できると思いました。

大変良かったです。相談した時に先生が自分の話を聞いてくれて、アドバイスもしっかりして頂くことができ、安心することができました。

まだ、うつが軽い時に働いていましたが、体調が悪くなり、退職し、やはり経済的不安に襲われてしまいました。
自分は対象なのか?と自分で考えず、行動に移して、先生たちのような方に巡り合ってもらいと思います。
私は今、本当に幸せです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける