うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

休職をしていて、収入がなく、住宅ローンが返済できない。住宅を手放すことになるかもしれない。(京都府山口さんの事例)


1.基本情報


氏名:山口さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:京都府
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約180万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約650万円)

2.事例


対人ストレス、過労により、ストレスを感じていました。
そのような中、不眠、不安感、対人恐怖、倦怠感といった症状が現れるようになりました。
病院でうつ病と診断され、平成19年から治療を受けていましたが、症状が良くなりませんでした。いくつも病院を転院しながら、治療を続けていました。
体調不良で、休職を3回繰り返していました。
そして、現在まで職場復帰ができていない状況です。

山口さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●親のサポートないと、食事をまともに摂ることが出来ない。
●親の声かけがないと、入浴ができない。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●毎日、親から「今日は薬飲んだ?」と声掛けをしてもらっている。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがある。
●ガスの火をつけっぱなしにすることがある。
●外出の頻度は、病院に行く以外ない(家に引きこもってしまう)。
●家族のサポートがなかったら一人で生活をすることができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .山口さんの声


休職をしていて、収入がなく、住宅ローンが返済できない。住宅を手放すことになるかもしれない。

ケイタイのネットで「うつ病」のネットサーフィンをしていて、知りました。

最初別の受給代行社に依頼しましたが、「障害者手帳を取得してから再度問い合わせください」と一方的に言われ、おかしいと思い、御社に辿り着きました。

初対応の丁寧さ、親切さ、対応の明るさ、説明・案内が丁寧。

手続きもスムーズに進み、説明も大変わかりやすかった。
親身になってくれます。

うつ病専門で受給代行を依頼するなら全国障害年金パートナーズです!(他社では付け焼き刃な知識しかないところもあります)




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける