うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金受給代行を行っている社労士事務所を、どこにするか悩みました。(広島県 I.Tさんの事例)


1.基本情報


氏名:I.Tさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:広島県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約129万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約270万円)

2.事例


仕事のストレス、人間関係の悩みが続いていた。
そのような中、仕事をしていてもやる気が出ず、頭痛と不安感があった、すぐに目が覚めてしまう、日中倦怠感や疲労感があった、食欲低下といった症状が現れるようになりました。
病院でうつ病と診断され、平成19年1月から治療を受けていましたが、症状が良くなりませんでした。
体調不良で、令和2年10月に退職して以降、働けない状況が続いていました。

I.Tさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週1回しか入ることができない。
●お金の管理は難しいため、貯金の管理ができていない。
●自分の症状を医師に説明するのが億劫になることがある。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがよくある。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●外出の頻度は用事があるとき(週1回程度)しか出来ない。
●基本的には臥床して過ごしている。また、就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .I.Tさんの声
障害年金受給代行を行っている社労士事務所を、どこにするか悩みました。記憶しているだけで4〜5件行きました。インターネットで検索して行ったり、電話、メール、ZOOM等。
例えばクレジットカード払い(17,800円位)で、PDFを100枚ぐらい送信して来て、「後は自分で」と言うのもありました。やはり社労士の選考で悩みました。

上記の社労士の選考で試行錯誤をしましたので、「安かろう、悪かろう」ではなく、過去の実績やエピソードをインターネットで見て、御社の障害年金受給代行を知りました。

すぐに依頼はしませんでした。なぜなら私の住所が広島県で、社労士事務所が首都圏ということで、何かあったらすぐに行って、顔を見て話す事ができないので不安だったからです。

上記にもふれましたが、インターネットに掲載されている情報とその内容でした。具体的な事例や、「なぜ障害年金に特化している」かを自らの体験談(宮里氏)の動画が決めてです。

正直言って、すぐ近くに社労士事務所があり、相談にも行きましたが依頼せず、他と比較しても御社の方が丁寧であり、遠いのでちょっと見に行くと言う事はできませんが、何かあったら電話で質疑応答を随時してくれて、次第に不安が無くなり、依頼して間違いではなかったと感じました。

これから先、仕事・お金等も含め経済的な不安で、それではなくてもうつ病で苦しんでいるのに、将来の不安で自殺を考えるのも不自然ではありません。
私からまだ障害年金を受けてない人には、自分で受給申請する事が「不安、どうせ無理」と思っているのなら、言葉は悪いですが「不支給になれば10万円もらえる」ぐらいに考えて、少し気持ちを楽にして依頼してみたらどうでしょう。
うつ病になる人はマジメで考えすぎる人が多いので、このメッセージを送ります。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける