うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

数年前にうつ病と診断され、休職と復職を繰り返していたため、金銭面に不安を抱えていました(宮城県A.Tさんの事例)


1.基本情報


氏名:A.Tさん
性別:女性
年齢:20代
都道府県:宮城県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約110万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約170万円)

 

2.事例


業務量が増え、職場の特定の人から嫌がらせを受けていたことにより、ストレスを感じていた。A.Tさん。
人間関係も不安定になり、
腹痛、頭痛、抑うつ気分、希死念慮といった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、
5年ほど治療を続けていましたが
中々症状は良くなりません。
休職を何度も繰り返していました。
現在に至るまで働けない状態が続いています。

A.Tさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事を全部食べることができず、2回(昼と夜)に分けて食べている。
●部屋の掃除ができていないと、部屋の状態は物や衣類が散乱したり、通路以外に物が積み上がっている状況。
●何を買えば良いのか分からなくなることもある。
●時折、薬の飲み忘れがある。
●集団行動は難しい。家族以外の人との交流はない。
●深夜に道路に出て、車に近づいてしまうこともあった。イライラしてしまい、家族にひどい言葉をつかってしまう。
●他人に説明をするのが難しい。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .A.Tさんの声


数年前にうつ病と診断され、休職と復職を繰り返していたため、金銭面に不安を抱えていました。
自己嫌悪で不調になる悪循環に陥っていました。

うつ病も障害年金の対象になる可能性がることを知り、ネットで情報収集した際に知りました。
自分が見た限りでは、無料診断の内容が最も細かく、設定してあり、より正確に障害年金の対象かどうかがわかると思いました。

無料診断の結果が届いた後に、依頼をしました。

無料診断での判定は「年金の対象となる可能性は低い」とのことでしたが、諦めきれず、再度問い合わせをしました。
説明を受け、自分が思い違いをしていることに気づき、正しい状況を伝えると「対象となる可能性がある」と判断してもらい、そのまま依頼をしました。
丁寧な説明に好印象を抱きました。

基本メールと電話でのやりとりで、対応が早いと感じました。
必要書類や今後の見通しなど、詳しくわかりやすく教えてもらいました。

障害年金の申請をしてから結果が出るまで数ヶ月単位でかかるので、相談だけでも早くしておくべきだったと思います。
年金受給がゴールではなく、社会復帰を目標にしてくれることが嬉しかったです。
年金受給代行を依頼して本当によかったです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける