うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害がきっかけで仕事など、やむを得ず休職したりするしかなくなってしまいました。(静岡県 松本さんの事例)


1.基本情報


氏名:松本さん
性別:男性
年齢:20代
都道府県:静岡県
病名:ADHD
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約266万円)

2.事例


職場の人間関係の、怒られるのを気にして仕事で周囲に助けを求められなかった。
そのような中、体がだるい、経験したことない疲れといった症状が現れるようになった。

松本さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週1回しか入ることができない。
●1ヶ月の支出と収入の管理ができていない。
●週2回ほど薬の飲み忘れがあり、ひどい時は1週間忘れてしまう。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●車を運転する場合、集中力が落ちて道を間違えてしまう。
●外出の頻度は1週間に1回程度、病院や役所に行く時のみ。
●基本的には臥床して過ごしている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .松本さんの声


金銭的に困っていて障害がきっかけで、仕事などやむを得ず休職したりするしかなくなっていました。抑うつ状態が続き、それが影響していたりしました。

障害年金を知ったのが市役所の職員さんが教えてくれて、でも自分で障害年金を申請するのが難しくて、社労士事務所をインターネットで調べていたら、たまたま見つけました。

障害年金の受給代行は知ってから本当に依頼したくなりました。本当に助かりました。

やはり金銭的なところですね。社労士さんにはお願いしたかったからです。

質がすごく良くて、社労士さんも僕のために一生懸命に考えていただきながら、サポートしていただいたので、すごく感謝しています。障害年金を受給できたので。

自分と同じように、苦しくて辛い思いをしていると思いますが、障害年金と言う制度があると言うことを知ってもらいたいです。その人によって障害年金を受給できるかどうかは保証できませんが、一度社労士さんとよく相談しながら受給が無事に出来るといいですね。あなたが障害年金を受給できることを祈っています。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける