うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

失業後、貯金は全て使い切っていましたので、もう一度社会へ復帰するにも最低限のお金が無く、先が見えませんでした。(東京都 Iさんの事例)


1.基本情報


氏名:Iさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:自閉スペクトラム症、注意欠陥多動性障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約128万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約384万円)

2.事例


職務上のストレスを感じていた。そのような中、体がだるい、経験したことない疲れといった症状が現れるようになった。

Iさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりにヘルパーが掃除・片付けをしている。
●買い忘れが多い。お金の管理は難しく、未納・滞納が多い。貯金の管理ができていない。
●薬の飲み忘れが多く、毎日飲み忘れてしまう時がある。
●集団行動は難しい。家族以外の人との交流はない。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●外出の頻度は病院に行く時か、家族に買い物に連れ出される時のみ。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族・ヘルパーの援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

3 .Iさんの声


失業後、貯金は全て使い切っていましたので、もう一度社会へ復帰するにも最低限のお金が無く、先が見えませんでした。日々の生活に困っていました。

ネット検索を通じて知ったり、デイケアのケースワーカーさんが私に対して「障害年金の受給対象なんじゃない」とおっしゃってくださった事により、実際の申請の動きが始まりました。

最初はデイケアのケースワーカーさんに任せていたので、代行は依頼しませんでした。だが、ケースワーカーさんが私のケースを見て、審査に通るか自信が持てないとの事なので、専門の社労士に依頼すれば、良いとの意見をいただき、ネットで調べて御社に決めました。

「うつ病」専門の社労士という点と、数多くのYoutube動画を通じて、学習した事が大きかったと思います。

コロナ禍で対面での面談は無いものの、メール、電話、そして必要書類は郵送という形で作業は進み、申請までのやり取りは長くかかったものの、申請から認定までは1ヶ月もかかっておらず、なんと申請した翌月から満額での受給開始には正直驚きました。
もちろん親切で、ていねい、無駄のない効率作業だった事は言うまでもありません。

どの道、生まれた全ての命は、すべからく死ぬ運命です。人生真っ暗で死んだ方がマシだと思っているかもしれませんが、どうせ死ぬなら障害年金をもらってからでも遅くはないんじゃないでしょうか?少しは気が楽になるかもです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける