うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分が障害年金を受け取れるかどうか不安でした。(大阪府山本さんの事例)


1.基本情報


 

氏名:山本さん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:大阪府
病名:躁鬱病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約240万円)

 

2.事例


 

受験の失敗により、ストレスを感じていた山本さん。
引きこもり、対人恐怖、抑うつ気分といった症状が現れるようになりました。
病院では躁うつ病と診断され、
10年以上治療を続けていましたが
中々症状は良くなりません。
現在に至るまで働けない状態が続いています。

山本さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は月1回も入ることができない。
●500万円ほど借金をしてしまった。
●病院には一人で行けず、母の付き添いがないと行くことができない。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがある。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行やATMでお金の出し入れはできない。
●家族のサポートがなかったら一人で生活をすることができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .山本さんの声


 

自分が障害年金を受け取れるかどうか不安でした。

YouTubeで知りました。

うつ病の診断がなされている病院を探すのに時間がかかりました。

専門でやられていて、信頼できると思ったからです。

ほんとんど丸投げで楽でした。

障害年金パートナーズに任せれば安心だと思うので、是非頼って欲しいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける