うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

金銭的な悩みが大きかったです。(東京都の高橋さんの事例)


1.基本情報


 

氏名:高橋さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約130万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約460万円)

 

2.事例


 

仕事でストレスを感じていた高橋さん。
不眠、食欲不振、性欲低下といった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、
10年以上治療を続けています。
数年前から退職し、
その後も現在に至るまで働けない状態が続いています。

高橋さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、代わりに近くに住む兄が食事を持ってきてくれる。
●着替えは毎日できず、毎日パジャマで過ごしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●予約した時間に病院に行くことができず、時折、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●質問に答えるまでに時間がかかる。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●職員の話が理解できず、何度も聞き返してしまう。
●自宅では、1日12時間以上、布団の上で過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .高橋さんの声


 

障害年金受給代行を依頼する前は、金銭的な悩みが大きかったです。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、インタネットを見て、御社のホームページから知りました。

障害年金受給代行の依頼について、
無料で障害年金の受け取り判定をしていただき、できそうと判断いただき、御社への依頼を決心しました。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、無料判定と回答からです。

実際に依頼してみて、こんなに楽でいいのかな?というのが感想です。
提出書類はあったものの、御社のサポートがなければ、これほどスムーズにはいかなかったでしょう。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人に対して、
障害年金の存在を知っても、どのように申請をすれば良いのか、分からない方が大半だと思います。
そのような場合、代行を依頼するという選択肢もあるということを知っていただきたいです。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける