うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

申立書が書けそうになかった(滋賀県Y・Mさんの事例)


1.基本情報


氏名:Y・Mさん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:滋賀県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約110万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約202万円)

 

2.事例


張り詰めた職場で仕事していた、仕事でプレッシャーを感じていた、将来に不安を抱えてた。そのような中、倦怠感、喪失感、不眠といった症状が現れるようになった。

Y・Mさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●お金の管理は難しいため、代わりに母が管理をしている。。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●集団行動は難しい。家族・友人以外の人との交流はない。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●市役所といったところで手続きは自分でできず、職員のサポートがないとできない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .Y・Mさんの声


申立書が書けそうになくて悩んでました。

クリニックの院長先生が教えてくれて、全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼しました。

院長先生の推薦で依頼しようと思いました。

実際に依頼してみて、手続きをしく中で頼り甲斐があって、何よりも誠実で親身な対応してくれて安心感を覚えました。

心身が病んでる状態で、普通なら申立書の記入や手続きなんて出来ないから、社労士の資格を持っているプロに任せるべきだと思います。申請の失敗をすれば生活防衛資金がなくて、また違う角度から不安感が襲ってくると思うので、おすすめします!

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける