うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

母子家庭でしたので、何より働けないことによる経済的不安でいっぱいでした(神奈川県K・Aさんの事例)


1.基本情報


氏名:K・Aさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約100万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約209万円)

 

2.事例


当時の主人がアルコール依存傾向にあり、物を投げたり揉め事が多く、恐怖の中暮らしていた。そのような中、落ち着かない、やる気が出ない、寝付けないといった症状が現れるようになった。

K・Aさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに家族が掃除・片付けをしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●宅急便等が来た時に対応できず、代わりに家族が対応をしている。
●体がダルすぎて階段から転げ落ちてしまった。
●外出の頻度は病院に行く時のみ。地域の人との交流はできていない。。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .K・Aさんの声


母子家庭でしたので、何より働けないことによる経済的不安でいっぱいで悩んでました。

ネットで何か支援的制度が無いか探していた所、たまたま全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。

全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知って、すぐに依頼しました。

働けない上に外出もままならず、とても自分で様々な書類を書く気力も無かったので、迷う事なく依頼しました。

実際に依頼してみて、難しい手続きに関わる事なく、電話による話とメールだけで全て手続きを進めて下さったので、困る事もほとんどありませんでした。

私は長い間、うつ病で苦しんでいましたが、障害年金と言うものを知りませんでした。もっともっと目に知っていたらと思いますが、今回、長塚先生のお陰で障害年金の審査に通り、経済的な不安が減った事により、心の安定を得られたように思います。本当にありがとうございました。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける