うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金を受給したら働けなくなると思い込んでいました。(東京都、中村さんの事例)


1.基本情報


氏名:中村さん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約134万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約246万円)

 

2.事例


夫からのDVを受けていた。毎月60〜80時間以上の残業による過労があった。そのような中、食事がほとんど摂れない、突然泣き出す、頭で文字や数字を追えない、不眠、意欲減退、といった症状が現れるようになった。

中村さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに母が掃除・片付けをしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●イライラして食器を割ったり、紙を破いたりする。
●銀行やATMでお金の出し入れはできない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .中村さんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、障害年金を受給したら働けなくなると思い込んでいました。。

インターネットで、全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。

障害年金受給代行を知っても、すぐに決められませんでした。ネット上に情報があふれていて、どの事務所にするか、決定的な決め手がありませんでした。

実際お会いせず、代行を依頼するわけですので、信頼できるところか心配でした。ただ長塚さんの声のトーン、不安をやわらげる発言に任せてみようと思いました。

実際に依頼してみて、大変満足しておりまして、早く依頼すべきだったと思っております。長塚さんの細々なお心づかい、本当に感謝いたしております。

私のようにネットで調べたりして、時間ばかりどんどん過ぎて、結局つらさが長く続く結果にならないよう、どうか1日も早く決断なさって受給をうけて下さい。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける