うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

失業手当が切れ、収入がなくなってしまう事で悩んでました(東京都O・Aさんの事例)


1.基本情報


氏名:O・Aさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約266万円)

 

2.事例


高校生時代、大きな失恋があった。そのような中、吐き気、人混みが怖い、憂鬱な気分、といった症状が現れるようになった。

O・Aさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食欲自体がない。食事は1,2口しか食べれない時が多い。
●着替えは毎日できず、週3回しか着替えることができない。
●メモをしないと何を買えば良いのか分からなくなる。
●主治医に自分の症状や体調を伝え切れていない。
●人と話をするのが億劫で苦手。相手が何を言っているのか分からなくなる。
●災害等で避難指示が出た時に、自主的に避難できず、「もういいや」と自宅に留まると思う。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、母が手続きを行なっている。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、母の援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .O・Aさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、失業手当が切れ、収入がなくなってしまう事で悩んでました。

ケータイの広告欄で、全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼した。

決めては手続きが難しそうだと思い、依頼しました。

実際に依頼してみて、簡単でありがたかった。

障害年金をもらえると心に余裕ができます。是非、代行をお願いして下さい。

 




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける