うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

今後の未来が不安で、貯金を切り崩しながらの通院や、生活の立て直しに希望が持てず、とても不安だった(東京都H・Hさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:H・Hさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約125万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約229万円)

 

2.事例


働いていた会社の人間関係や環境におけるストレスがあった。そのような中、不眠、食欲低下といった症状が現れるようになった。

H・Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●固形物を食べると気持ち悪くなり、吐いてしまう。流動食やサプリメント、飲み物ばかり摂っている。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●買い物は近くのスーパーに限られる。人が多いところで買い物ができない。
●予約した時間に病院に行くことができず、キャンセルをしてしまう。
●知らない電話に出ることができない。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●現金を持ってると使ってしまうので、銀行やATMでお金の出し入れはできない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .H・Hさんの声


今後の未来が不安で、貯金を切り崩しながらの通院や、生活の立て直しに希望が持てず、とても不安だった。

「障害年金」という制度は知っていたが、自分1人では申請まで難しいと考え、インターネットで検索をして、全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼した。

全国障害年金パートナーズを選んだ決め手は、1人1人の社労士さんの自己紹介が掲載されていたり、真剣に向き合って下さる人が多いと思ったため。

実際に依頼してみて、私が初診のクリニックの件で、泣きながら電話しても嫌な顔せず、とても親身になって対応してくれた。助かった。

最初の一歩は勇気がいると思いますが、相談して受給ができる可能性もあるので、しんどくて辛いと思いますが、未来を明るくとらえる一歩になると思います。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!