うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

傷病手当等の定期的なお金が入らなくなった後の生活費や、家族への負担への不安で悩んでいた(宮城県T・Hさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:T・Hさん
性別:男性
年齢:30代
都道府県:宮城県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約171万円)

2.事例


職場等での強いストレス、言葉のパワハラがあった。そのような中、不眠、目に常にクマが出来ていた、目の充血、30分以上の手の震えが毎日起きる、といった症状が現れるようになった。

T・Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は全く摂ることが出来ない日がある。家にあるものを過食してしまう時がある。
●入浴は週1,2回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、ほとんど代わりに妻・家族が買い物に行っている。
●病院には一人で行けず、妻・家族の付き添いがないと行くことができない。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●電車やバスといった公共交通機関を介助者がいても利用出来ない。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、職員のサポートがないとできない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に遡って3級の年金が認められました。

3 .T・Hさんの声


傷病手当等の定期的なお金が入らなくなった後の生活費や、家族への負担への不安で悩んでいた。

うつ病をインターネットで調べていくうちに、障害年金をうつ病でも支給される事を知り、「うつ病 障害年金代行」で検索をして、全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。

障害年金受給代行を知っても、少し悩みました。自宅から近い社会保険労務士さんの方が良いのか等。

全国障害年金パートナーズを選んだ決め手は、良くも悪くも実際出向いての対面でのやり取りでは無いので、自宅から外に出るのが苦痛な私にはベストな選択だと思ったため。

実際に依頼してみて、立場上、言える事言えない事はあると思いますが、その内でもベストなアドバイスや安心できる事が多くあり、満足しています。

今、私のアンケートを見ているアナタはスグに依頼する事を強くオススメします!!!
正直、支給が決定した後にお支払いするお金は、お世辞にも安くはありません!ですが、それ以上にアナタのこの先の未来への不安を軽減するように尽力してくれて、色んな将来の幅を広げて頂いた事に私は大きな感謝をしています。
何か新しい行動をする事への不安は、私は凄く分かります。でも、今!!!その一歩を踏み出してみても後悔は無いですよ。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!