うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

かなり重症なのに何故、不支給なのか?(神奈川県Y.Sさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


 

氏名:Y.Sさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約160万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約320万円)

 

2.事例


 

過去にご自身で障害年金の申請をしましたが、
不支給になってしまったY.Sさん。
平成28年より症状が出始めて、ご主人のサポートの元に生活をしています。
とても症状が重いにも関わらず、障害年金の受給が認められませんでした。
現在に至るまで働けない状態が続いています。

Y.Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、代わりに夫がサポートをしてくれる。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに夫が買い物に行っている。
●病院には行けず、代わりに、夫が受診している。
●相手が何を言っているのか分からなくなる。
●自転車を運転する場合、集中力が落ちて、周りが見えていなくて、車にぶつかりそうになったりすることがある。
●他人に説明をするのが難しい。
●日常生活全般が1人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .Y.Sさんの声


 

障害年金受給代行を依頼する前は、一度、過去に自分自身で申請しており、かなり重症なのに何故、不支給なのか、どんな審査をしているのか、不透明過ぎることに悩んでいました。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、無料動画等か、何かの広告だったと思います。

障害年金受給代行を知ったが、無料診断は、スグに実施しましたが、代行依頼の申し込みは、他に色々と多忙だった為、後回しになり、遅くなりました。

診断書の病名が、受給対象となる病名(うつ病)に該当するのか主治医に相談した結果、該当するとの回答だった為、全国障害年金パートナーズを依頼しました。

実際に依頼してみて、専門のプロ集団なので、安心して任せておりました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
治医に病名を確認し、受給対象の病名に該当する場合は、是非、障害年金受給代行を依頼して下さい。

うつ病で苦しんでいる方々は、心療内科や精神科等の医療機関だけでなく、自律神経系の整体・カイロプラクティック・オステオパシー等の治療院に通っているケースも多いので、医療機関や治療院にリーフレット等、障害年金受給代行の解り易い広告を出すべきかと思います。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!