うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

保険の請求をするのと同じく、正当な請求手続きであることを知ってほしい


1.基本情報


氏名:J.Tさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約79万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約500万円)

 

2.事例


ご主人の転勤や、子育て、長女の不登校により、ストレスを感じていたJ.Tさん。
不眠、朝起きられない、ずっと横になっている、家から出られないといった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、
15年ほど治療を続けていましたが
中々症状は良くなりません。
ご主人が日々、日常生活のサポートを行なっていました。
現在に至るまで働けない状態が続いています。

J.Tさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●夜眠れないと、夜中に過食してしまう。
●入浴は週1,2回しか入ることができない。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●病院には一人で行けず、駅まで夫に送ってもらっている。
●集団行動は難しい。家族以外の人との交流はない。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、夫のサポートがないとできない。
●自宅では、横になって過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .J.Tさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、朝起きられない、家事ができないことが、今も続いています。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、夫が障害年金の受給代行をインターネットで教えてくれて、知りました。

障害年金受給代行を知ってすぐに依頼しませんでした。
うさんくさい気がするので、障害認定されると世間体が悪いからです。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、夫の話を聞いたからです。

実際に依頼してみて、受給代行を使えば、自分自身の対応は難しくなかった。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人に対して、保険の請求をするのと同じく、正当な請求手続きであることを知ってほしい。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!