うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

もう頑張らなくて、ゆっくり休むことが人生において必要なのだと思います


1.基本情報


氏名:髙田 大将さん
性別:男性
年齢:40代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約130万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約378万円)

 

2.事例


親の介護をしながら、仕事をしていた。それよりにストレスを感じていた髙田 大将さん。
気力の低下、朝の吐き気、不眠といった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、
数年ほど治療を続けていましたが
休職を3回繰り返し、現在に至るまで働けない状態が続いています。

髙田 大将さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週3回しか入ることができない。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●週2、3回薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●家族以外交流はなく、孤立している。
●自宅では、横になって過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .髙田 大将さんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、傷病手当金受給期間が過ぎてしまい、体調は優れないのに、無理してでも働かなければという気持ちと、どうしても動かない体で、不安な日々を過ごしていました。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、スマホによるうつ病に関する情報を集めているときに、発見しました。

障害年金受給代行を知ってすぐに依頼した。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、とても自分でできることではないと思い、お願いしました。

実際に依頼してみて、親切な対応をしていただいて、安心感を久しぶりに感じました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人に対して、うつ病は今まで頑張って、無理矢理体を動かし続けた結果、自分でもわからないうちに、限界がきてしまっている状態だと思います。
もう頑張らなくて、ゆっくり休むことが人生において必要なのだと思います。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!