うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

他社や医師に門前払い、それゆえ泣き寝入りする始末でした


1.基本情報


氏名:A.Sさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約120万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約250万円)

 

2.事例


働きながら、国家試験を目指しており、寝る時間がなく、体調を崩してしまった。国家試験の結果もダメで、よりストレスを感じていたA.Sさん。
不眠、不安、動悸、涙が止まらない、人が怖い、人と目が合わせられないといった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、10年以上治療を続けていましたが
就職、退職を何度も繰り返し、現在に至るまで働けない状態が続いています。

A.Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●バナナやポテトチップスばかり食べている。
●入浴は、2〜4週間に1回しか入ることができない。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●週2、3回薬の飲み忘れがある。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●電車・バスといった交通機関を一人で利用できない。
●病院以外交流はなく、孤立している。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .A.Sさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、約1年半前に、複数社にご相談したが、冷淡な対応をされ、中には、私を責めたて、病状が悪化する有様。役所では「受給できはず」と言われたが、他社や医師に門前払い、それゆえ泣き寝入りする始末。

経済的に厳しくなり、理解ある医師に相談し「長期間病状が不安定ゆえ、受給に該当するので申請したほうがいい」と背中を押された。
うつ病に詳しい事務所をwebで検索し、全国障害年金パートナーズに巡り会えた。

制度は知っており、役所から申請を勧められたが、複数の他社や医師にダメ出しされ諦めた。
一方その後も悪化するばかりで、うつ病を専門に扱う山崎先生にご依頼した。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、誰彼かまわず引き受けず、線引きなされる点が好印象。
初回のご相談で親身になってくれて信頼できると直感した。

実際に依頼してみて、頭が機能していない者に、わかりやすくゆっくりお話しされ、親切でした。
書類の受け渡しや、連絡はメール、電話、郵送のみで、外出不可能な者には助かるし、ありがたかった。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人に対して、私は一人暮らしかつ頼れる親族もおらず、四面楚歌でしたが、2級が認められたのは、山崎先生のご尽力によるもの。
うつ病で一人暮らしされ、経済が厳しい方には、うつ病に詳しい社労士さんにご依頼され、治療に専念して欲しいと願うばかりです。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!