うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

傷病手当期間中に病状の改善が見られず、手当が終了する事で以降の生活費用について、どうすべきか悩んでいました(大阪府、U・Yさんの事例)


1.基本情報


氏名:U・Yさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:大阪府
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約115万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約228万円)

 

2.事例


仕事上でストレスを感じていたU・Yさん。そのような中、気分の落ち込み、不眠、話や文章が理解できない、記憶が飛ぶ、仕事のミスが増えた、といった症状が現れるようになりました。
その後、仕事を休職し、復職することができずに退職。これ以降現在まで働けない状況が続いていました。

U・Yさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、代わりにパートナーが食事を作ってくれる。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりにパートナーが掃除・片付けをしている。
●人が多いところで買い物ができない。何を買えば良いのか分からなくなる。
●予約した時間に病院に行く時、いつもギリギリになってしまう。
●自分の話してることが分からなくなる。相手の話したことを忘れてしまう。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、パートナーの付き添いがないと手続きできない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、パートナーの援助を必要
としている。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級の年金が認められました。

 

3 .U・Yさんの声


傷病手当期間中に病状の改善が見られず、手当が終了する事で以降の生活費用について、どうすべきか悩んでいました。

YouTubeの動画で、全国障害年金パートナーズを知った。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼しなかった。理由は信用できる社労士事務所か確認したかったため。

WEBサイトでの利用者レビューが、全国障害年金パートナーズを選んだ決め手になった。

実際に依頼してみて、丁寧なヒアリングや、メールや電話での対応が誠実で安心する事ができた。

うつの症状が重い時に申請書の記入や年金事務所での相談、医師への資料作成はとても大変で、手続きに時間をかける事は難しいのが現状です。
確実に最短で手続きを行うには、多少の費用は必要ですが、費用以上の利益を受ける事ができるので、依頼し療養に専念して、安心してゆっくり社会復帰を目指しましょう。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!