うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

他の社労士さんにはムリだと断られ、諦めていました。(福岡県、松下さんの事例)


1.基本情報


氏名:松下さん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:福岡県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約123万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約246万円)

 

2.事例


断っていたにも関わらず、サービスカウンターに配属させられ、クレーム対応やラッピング・のし書きなど苦手な仕事が苦痛だった松下さん。そのような中、立ち眩みや食欲不振、吐き気や頭痛が起こるようになりました。
体調悪化により障害年金の申請を検討し、他の社労士に依頼したところ、この診断書では障害年金受給できないと断られてしまいました。

松下さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週3回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●週3回ほど薬を飲み忘れる時がある。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、職員のサ
ポートがないとできない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、家族の援助を必要としてい
る。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .松下さんの声


他の社労士さんにはムリだと断られ、諦めていました。

インターネットで全国障害年金パートナーズを知りました。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼しました。

親切さが決め手で、障害年金受給代行をお願いしました。

実際に依頼してみて、すごく丁寧に対応してくださりました。

迷っている方へ、悩まずに社労士さんに相談してみてほしいです。きっと助けてくれるはずです。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!