うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自身が受給該当者であるか、懐疑的で合った。(千葉県、齋藤さんの事例)


1.基本情報


氏名:齋藤さん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:千葉県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡って2級
年金額:約182万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約455万円)

 

2.事例


会社、職場内での過度のストレスを感じていた齋藤さん。そのような中、倦怠感、人の話が集中して聞けない、イライラ、思うように体が動かない、と言った症状が現れるようになりました。
その後、症状が悪化してしまい、仕事を休職して復職の目処が立っていませんでした。

齋藤さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は3日1回程度しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりにほとんど妻が買い物に行っている。
●週3,4回ほど薬を飲み忘れる時がある。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●公共交通機関を利用する時は億劫になる。
●外出の頻度は病院に行く時に限られる。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、妻の援助を必要としてい
る。また就労は困難な状態となっている

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に遡って2級の年金が認められました。

 

3 .齋藤さんの声


依頼する前は自身が受給該当者であるか、懐疑的で合った。又、罹患中で一人では事務手続きに耐えられなかった。

たまたまyoutubeで、宮里先生のお話が聞けた事で全国障害年金パートナーズを知りました。

障害年金受給代行を知ってから、2〜3ヶ月ほど依頼に至らなかったです。

該当するのか、無料相談での長塚さんの好対応を感じて、それが決め手で障害年金受給代行をお願いしました。

実際に依頼して人に話す事により、自身の心の整理にも繋がり、前向きな気持ちになれた。

全国のうつ病で苦しんでいて、まだ障害年金を受けてない人へ、1人で悩み最悪な事を考え、時間だけが過ぎてしまう中、誰かに頼っても良いのではないでしょうか?気持ち的にも経済的にも前に進むきっかけと私は成りました。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!