うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

金銭的に追い詰められ、自分を責めるばかりの毎日でした(神奈川県 山本さんの事例)


1.基本情報


氏名:山本さん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:静岡県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約77万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約410万円)

 

2.事例


当時同居していたパートナーの親族の介護をして、かなりのストレスを感じていた山本さん。
不眠、体重が減少してしまうといった症状が現れるようになりました。
病院ではうつ病と診断され、
5年ほど治療を続けていましたが
全く働くことができず、現在に至っています。
極度の栄養失調で緊急搬送をされることもありました。

山本さんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食もとることが難しい。
●入浴は週1回しか入ることができない。
●週2回ほど薬の飲み忘れがある。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●電話に出ることができない。
●病院以外、電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●銀行やATMでお金の出し入れはできないので、代わりに夫が行っている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .山本さんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、
病気だからと思っていても、生きるだけでお金がかかります。
うつ状態のせいで、仕事をするのも難しく、日々焦るばかりで、何もできず、悩むだけの毎日を繰り返していました。金銭的に追い詰められ、自分を責めるばかりの毎日でした。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、インターネットで検索し、評価の良かったところを探しました。

障害年金受給代行を知りましたが、
何件か電話で話をさせていただき、一番親身になってくれたと感じたのが、こちらの方でした。
些細なことも丁寧に応えていただき、代行依頼をしようと思いました。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、対応です。
言いにくいことも察してくださり、負い目を感じるばかりの私には、心強いばかりでした。

実際に依頼してみて、大変満足です。
アフターサービスや審査が通った時は、まるで自分ことのように一緒に喜んでくださり、励ましの言葉もたくさんいただきました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
一人で悩まないでほしい。
自分を責めないでほしい。差し伸べられた手は握り返してほしい。
一人でははないと思ってください。
明日には治る病気ではないけれど、上手に付き合って、行くことはできる。
たった1つの希望ではなく、希望はたくさんあります。
私も頑張ります。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!