うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

1日が長く感じ、毎日生きるのが苦痛でした(岩手県J.Nさんの事例)


1.基本情報


氏名:J.Nさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:岩手県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約87万円)

 

2.事例


祖父母の介護や、家庭環境の変化により、ストレスを感じていたJ.Nさん。
イライラ、落ち着きがないといった症状が現れるようになりました。

病院ではうつ病と診断されました。
平成20年より病院を受診しましたが、なかなか症状が改善されませんでした。
7ヶ所以上病院を受診していました。
体調がすぐれず、働くことが難しい状況が続いています。

J.Nさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、代わりに家族が食事を作ってくれる。
●入浴は週2回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●病院には一人で行けず、家族の付き添いがないと行くことができない。毎日、家族から「今日は薬飲んだ?」と声掛けをしてもらっている。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●本や新聞が読めなくなってきた。
●自宅では、横になって過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .J.Nさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、「うつ病」で通院、治療ばかりの日々を送り、仕事をすることすらできませんでした。
1日が長く感じ、毎日生きるのが苦痛でした。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、インターネットで知りました。

障害年金受給代行を知りましたが、丁寧な対応でしたので、安心して依頼しました。

全国障害年金パートナーズの決めては、とても丁寧な対応であったためです。

実際に依頼してみて、とてもスムーズに進めていき、あっという間に手続きが完了しました。
私が行う作業も負担なくできました。

うつ病で苦しんでいる方へ
「障害年金」という言葉を知ったのも最近です。
「うつ病」と医師に言われ、日常生活や仕事にもつくことができずに、焦っていました。
治療費も心配の1つでした。
ぜひ、今苦しんでいる方達は、1度相談してみて下さい。
きっと力になってくれます。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!