うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

主人からは「なまけ病」と諦めたように言われました。(千葉県 H.Wさんの事例)


1.基本情報


氏名:H.Wさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:千葉県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約270万円)

 

2.事例


職場の人間関係に悩んでいたH.Wさん。
長年お世話になっていた主治医の先生が、突然、転院してしまいました。
しばらく、別の先生のもとに治療をしていましたが、あまり症状はよくありませんでした。
諦めず、ネット等をフル活用して、主治医の先生を見つけることができました。
現在は、その主治医の先生のもと、治療を再開しています。

H.Wさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2食しか摂ることが出来ない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりにネットで買い物をしている。
●シャワーは週2回しか入ることができない。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがある。
●怖いので、切れ味のよくない包丁やハサミを使っている。
●手続きの時間がかかってしまう(違う箇所に名前を書いてしまう等)。
●お金の管理は難しく、計画的にお金を使えず、月末までお金が足りなくなってしまう。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .H.Wさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、生活のため、生きがいのために、働こうとするもの、面接の約束をしても行くことができなかったり、行けても働きに行けなかったりを繰り返していました。
行けても1〜2日がやっと、、、主人からは「なまけ病」と諦めたように言われました。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、心療内科に通院していた時に、受付に「うつ病でも障害年金がもらえます。」というチラシが貼ってあり、インターネットで色々と調べて、いくつか問い合わせ中の1社でした。

障害年金という言葉を知りませんでしたし、認められるのは難しいかとインターネットに出ていたので、ムリだと思い、行動に移すまで何年もかかりました。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、「うつ病」に特化した社会保険労務士さんの法人だということ。
事例が多くあり、安心してお任せ出来そうなこと。

実際に依頼してみて、会う約束をしても行けない私なので、電話とメール、郵便だけで、依頼できるのがありがたかったです。
終始優しく、丁寧に、受け答えしていただき、安心感がありました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
精神障害年金というとても助けになる年金があります。
うつ病や双極性障害に苦しんでいる方は、とりあえず電話やメールで問い合わせをしてみることで、人生が前向きになります。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!