うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分ではこんなにスムーズに手続きを終えることはできなかったと思います(埼玉県 M.Tさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:M.Tさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:埼玉県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約150万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約390万円)

 

2.事例


コロナの影響により、ストレスを感じていたM.Tさん。
息苦しさ、めまい、不眠といった症状が現れるようになりました。
当初は呼吸器内科を受診し、そこで精神安定剤を処方してもらっていました。
精神安定剤を処方されていたので、この呼吸器内科が初診日として認定されました。

M.Tさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事内容は、冷凍食品が多い。
●入浴は週1回しか入ることができない。
●人のいない時間帯で、通い慣れた近所のスーパーしかいくことができない。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう。
●質問に答えるまでに時間がかかる。
●以前息苦しくて、死にたいと思ってしまい、「駅から飛び降りたい、4階から飛び降りたい」と衝動的に思ってしまった。
●他人に説明をするのが難しい。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .M.Tさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、外に出るにもつらい状態で、手続きをしなくてはならない状況に悩んでいました。

 

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、インターネットで、本当にたまたま目に入ってきたのが、全国障害年金パートナーズさまでした。

障害年金受給代行を知って、他にも代行会社はありましたが、色々な体験談などを読み進めた上で、こちらの会社に依頼をしてみよう。まず電話で話を聞こうと思いました。

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、電話でお話しさせていただき、やはりこちらの会社に依頼をお願いしよう!!と決心がつきました。

実際に依頼してみて、自分ではこんなにスムーズに手続きを終えることはできなかったと思います。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
うつ病だと電話一つかける事も勇気がいる事です。でも生活していく上で、お金は必要なことは分かっているのに、先が見えない生活を続けることは不安を大きくするだけです。
まず電話をする勇気からがんばってほしいです。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!