うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

通院しているクリニックの先生からの紹介です(滋賀県K.Kさんの事例 | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:K.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:滋賀県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約180万円)

 

2.事例


職場の人間関係によりストレスを感じていたK.Kさん。

平成15年4月より、病院を受診し、現在まで治療を継続しています。
就労状況については、平成30年まで体調が悪いながらも何とか就労をしていました。
しかし、体調不良により、その後は就労が難しい状況でした。

K.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1、2食しか摂ることが出来ない。
●入浴はシャワーを浴びることしかできず、体を洗えていない。
●何を買えば良いのか分からなくなる。お金の管理は難しいため、代わりに妻が管理をしている。
●週3回ほど薬の飲み忘れがある。
●質問に答えるまでに時間がかかる。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、よく信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●社会的手続きは自分でできず、代わりに妻が手続きを行なっている。
●妻のサポートがなかったら一人で生活をすることができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .K.Kさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、傷病手当金も終了し、生活費を妻に頼るのが情けなかった。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、通院しているクリニックの先生からの紹介です。

自分でやってみようと思ったので、すぐに依頼をしませんでした。

自分ではできないと思い、全国障害年金パートナーズに依頼をしました。

実際に依頼してみて、依頼してよかったと思いました。
とても助かりました。ありがとうございました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
あきらめずに依頼をしてほしいです。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!