うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

1人でできるなら、障害年金が必要ないのでは?(千葉県K.Mさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:K.Mさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:千葉県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約160万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約400万円)

 

2.事例


会社の業績不振による焦りによるプレッシャーを感じていた。
また、職場の人間関係に悩み、併せて、一人暮らしによる孤独感により、よりストレスを感じていたK.Mさん。

3年ほど治療を続けていましたが
中々症状は良くなりません。
うつ病により、思うように働くことができず、令和3年より働くことが難しい状況が続いています。

K.Mさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1〜2食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除ができていないと、部屋の状態は、本、雑誌、書類が散乱してしまう。
●買うものを判断できないので、パートナーに促されたものを買っている。
●週2,3回ほど薬の飲み忘れがある。
●質問されたことと、違う話をしてしまうことがある。
●希死念慮が強く、「もうどうでもいい。このまま死んでしまいたい。」と思ってしまう。
●銀行で、新しい口座を作る手続きや、市役所といったところで手続きは自分でできず、職員のサポートがないとできない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .K.Mさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、仕事が思うようにできなかったことです。
少し働いて、やめるを繰り返し、先が全く見えなくなりました。

外出もできず、基本的にスマートフォンでしか、調べることができなかったのですが、障害年金の受給代行があることを知りました。

障害年金受給代行を知ってすぐに依頼しました。

全国障害年金パートナーズを依頼した決めては、障害年金受給代行を専門にしている社会保険労務士法人だったからです。

実際に依頼してみて、頭がまともに働かず、動けない中で、書類作成をしていただき、とても助かりました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
自分1人では障害年金の申請は難解だと思います。
成功報酬は決して安いとは言えませんが、プロに任せるのが一番良い選択です。
動画配信サービスで「1人でやりました」という動画がありますが、「それができるのなら、障害年金は必要ないのでは?」と考えてしまいます。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!