うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

本当にもらえるようになるのか、何級になるのだろうか、いくらもらえるのだろうか悩んでました(群馬県、T・Sさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:T・Sさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:群馬県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:さかのぼって2級
年金額:約217万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約1055万円)

 

2.事例


長年、教師として真面目に勤めてきたT・Sさん。新しく赴任した学校の行事予定表や説明を聞き、今後、月の残業が100時間を超えると予測でき、非常に大きな恐怖感を感じました。その後、勤務するが予想通りの長時間労働でした。そのような中、倦怠感、体を動かすのが億劫、恐怖感、不安感と言った症状が現れるようになりました。
その後、病院を受診して、うつ病と診断されました。長年、休職と復職を繰り返し、ついには仕事を退職し、就労できない状況が続いていました。

T・Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに妻が掃除・片付けをしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻が買い物に行っている。
●自分で薬の管理を行うことができず、妻から薬を出してもらっている。
●宅急便等が来た時に対応できず、代わりに妻が対応をしている。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●地域の人との交流はできていない。
●基本的には臥床しており、日常生活における身の回りの多くに、妻の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級の年金が認められました。

 

3 .T・Sさんの声


本当にもらえるようになるのか、何級になるのだろうか、いくらもらえるのだろうか悩んでました。

HPでいろいろ検索をして、障害年金受給代行を知りました。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼しました。

うつ病専門ということと多くの成功実績が決め手で、障害年金受給代行を依頼しました。

実際に依頼してみて、秋葉原オフィスに伺い、状況を1時間以上話してきて、信頼できる社労士さんだなと思いました。
診断書の作成に半年以上かかりましたが、その間もメールで励ましていただきました。
その後はスピーディーに申請して頂き安心しました。おかげで2級に認定されました。

お金が毎月毎月なくなっていくことで、うつ病が悪化することもあります。こちらに依頼をして、生活基盤の安定をはかり、治療に専念すると良いかと思います。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!