うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

職場の上司のパワハラと、家族では子供たちの反抗期が重なり、気付いた時には眠れない、死んでしまいたい、毎日不安でたまらないという状況になっていました。(福岡県、T・Mさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:T・Mさん
性別:女性
年齢:40代
都道府県:福岡県
病名:双極性感情障害
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約123万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約348万円)

 

2.事例


職場の上司が同期にパワハラをしていて恐怖を感じていたり、子供が不登校になっていたT・Mさん。そのような中、抑うつ状態、不眠、常に不安と言った症状が現れるようになりました。
仕事は体調悪化により転職を繰り返し、ついには働けない状況になってしまいました。

T・Mさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2,3回しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●過剰に薬を飲んでしまい、薬が足りなくなる。
●宅急便等が来た時に対応できず、代わりに家族が対応をしている。
●車を運転する場合、集中力が落ちて、信号に気が付けなかったり、道を間違えてしまう。
●子供の学校行事に参加することができていない。
●基本的には臥床しており、身の回りの多くに、家族の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .T・Mさんの声


職場の上司のパワハラと、家族では子供たちの反抗期が重なり、気付いた時には眠れない、死んでしまいたい、毎日不安でたまらないという状況になっていました。
仕事もやめざるを得ず、自分を責める毎日でした。

私の状況を知った妹が、インターネットで御社を探してきてくれて、障害年金受給代行を知りました。うつ病でも障害年金が受給できるかもよ!と背中を押してくれました。

障害年金受給代行を知っても、すぐに依頼はできませんでした。とにかく体調が悪く、電話やメールをするのも難しく、少し怖い気持ちもありました。

夫と何度も話し合いをし、御社のHPをじっくり拝見して、ダメ元でもお願いしたいと思うようになったのが決め手で、受給代行を決心しました。

実際に依頼してみて、長塚さんは最初の依頼の時からとても親身になってくださり、お話の仕方もとても優しく、お願いして本当に良かったと思いました。

自分は当てはまらないかもと思って迷っている方がいましたら、私も同じ気持ちだったのでよく分かります。でも勇気を出して一歩を踏み出してみて欲しいと思います。
全国障害年金パートナーズさんは、手助けをして本当に細かい心遣いもして下さいます。安心して任せて良いです。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!