うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

初診から1年6ヶ月たたないと無料判定ができないと思い、将来のこと(お金等)で不安でした。(三重県、O・Yさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:O・Yさん
性別:男性
年齢:60代
都道府県:三重県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:3級
年金額:約58万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約102万円)

 

2.事例


仕事でストレスを感じてたO・Yさん。そのような中、不眠、寝るためのお酒の量が増えた、と言った症状が現れるようになりました。
体調悪化により仕事を退職し、就労ができない状況が続いていました。

O・Yさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1,2食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに妻が掃除・片付けをしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻が買い物に行っている。
●週3回ほど薬の飲み忘れがある。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●地域の人との交流はできていない。
●基本的には臥床しており、身の回りの多くに、妻の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に3級の年金が認められました。

 

3 .O・Yさんの声


初診から1年6ヶ月たたないと無料判定ができないと思い、将来のこと(お金等)で不安でした。

インターネットで検索し、障害年金の代行をしてもらえることを知りました。

障害年金受給代行を知っても、すぐには依頼せず、何社かある中でお金のことで考えていました。

依頼した決め手は、障害年金の受給代行の受給率が高いところです。

実際に依頼してみて、わからないところ等メールで連絡するとすぐに対応して下さり、安心して生活できました。

自分は障害年金の受給ができるのか、まず無料判定からTELして相談からすると良いと思います。
現在、通院などで病院に行っている場合、主治医が障害年金に理解してもらえる所を探して下さい。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!