うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

友人にも数年前から、その状態なら早く依頼した方がいいと促されていましたが、費用面の問題で引き延ばしになっていました。(長崎県、M・Yさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:M・Yさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:長崎県
病名:反復性うつ病性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:さかのぼって3級、事後重症で2級
年金額:約188万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約749万円)

 

2.事例


上司のパワハラがあったり、反社会的な人が隣に住んでいて、ストレスを感じていたM・Yさん。そのような中、不眠、ハイテンションになる、と言った症状が現れるようになりました。
体調悪化により仕事を退職し、就労ができない状況が続いていました。

M・Yさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに家族が掃除・片付けをしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻・家族が買い物に行っている。
●主治医に自分の症状や体調を伝え切れていない。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●市役所といった所で手続きをした後、物凄く疲れて動けなくなってしまう。
●基本的には臥床しており、身の回りの多くに、妻の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって3級、事後重症で2級の年金が認められました。

 

3 .M・Yさんの声


代行依頼には相当な費用が掛かるようで、実際は自分で申請はできない状態で、友人にも数年前から、その状態なら早く依頼した方がいいと促されていましたが、どうしても費用面の問題で引き延ばしになっていました。

友人から社労士へ依頼する方法を数年前に教えてもらっていたので、さすがに預金の取り崩しによる生活も限界となり、ホームページを検索して、通常の社労士さんであれば形式的な申請のみとなるのを聞いておりましたので、こちらの代行業務は専門で行われていると言う事で、ホームページの記事を信じて申し込みました。

金銭面の問題が一番で、すぐに依頼しませんでした。

受給代行を依頼した決め手は、うつ病専門であると言うことから、私の現状を少しでも多く理解あるところだと信じて依頼しました。

実際に依頼してみて、メールでのやりとりに関しても3名の社労士さんが情報を共有して、相互チェックをしっかりやられていることが理解できて、専門の社労士の3重チェックで厳密な申請を行っていただいていることに安心いたしました。

私のように自ら申請に出向くのが不可能な方には、「プレミアム受給代行」がおすすめです。理由は2年後の更新までの対応がついているので、割高と思われるかもしれませんが、2年後に「簡易受給代行」の場合、また費用を出して申請依頼しないといけないので、先のことを考慮すると「プレミアム受給代行」が「簡易受給代行」や他社に依頼するよりリーズナブルになっていますので、お勧めします。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!