うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

仕事ができない、働けない自分はどうやって生きていけるのだろうと言う不安、将来への絶望しかりませんでした(埼玉県、Y・Sさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:Y・Sさん
性別:女性
年齢:20代
都道府県:茨城県
病名:うつ病、自閉スペクトラム症
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約546万円)

 

2.事例


幼少期から感覚過敏や聴覚過敏があり学校生活が苦痛で不登校になった、学習障害の二次障害として対人恐怖が出始めてきたY・Sさん。そのような中、お腹が痛い、学校に行けない、対人恐怖、と言った症状が現れるようになりました。
体調悪化により学校も不登校状態になり、学校卒業後も働いたりしてみたが、体調悪化により仕事を退職し、働けない状況が続いていました。

Y・Sさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日2食しか摂ることが出来ない。
●入浴は週2,3回程度しか入ることができない。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに家族が買い物に行っている。
●病院には一人で行けず、母の付き添いがないと行くことができない。
●電話をかける・出ることに恐怖を感じる。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●外出の頻度は病院に行く時に限られる。
●基本的には臥床しており、身の回りの多くに、妻の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事にさかのぼって2級の年金が認められました。

 

3 .Y・Sさんの声


仕事ができない、働けない自分はどうやって生きていけるのだろうと言う不安、将来への絶望しかりませんでした。

障害年金について親が調べてくれていて、代行手続きをしてくれるところがあると知った。広告に出てきた宮里さんの体験談の動画で詳しく知りました。

障害年金受給代行を知って、すぐに以来しました。

うつ病専門とうたっていた点が決め手です。また手付金が1万円だったこと。宮里さんの動画からたくさんの情報が得られ、自分にも受け取れる可能性があるのでは、と期待が持てた。(以前、主治医に「障害年金の申請をしてみたい」と伝えた時に、「無理だと思う」と言われ、諦めていたので)

実際に依頼してみて、担当者と1度も直接会うことなく、電話のやり取りのみで申請ができたことが驚きでした。人と会うのが苦しいので、このことがとても助かりました。

是非、全国障害年金パートナーズさんへ相談してみて下さい。
受給できる資格があるのに、申請せずに悩んでいたらもったいないです。
自分では絶対にできない手続きでした。
正直初めはサギかもしれないと考えたけど、全然そんなことなく感謝しています。知り合いの同じ病気で悩んでいる知人にも紹介しました。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!