うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

全てお任せできると思った(鹿児島県 K.Hさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:K.Hさん
性別:女性
年齢:50代
都道府県:鹿児島県
病名:うつ病
請求方法:事後重症請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約77万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約210万円)

 

2.事例


常にストレスを感じていたK.Hさん。
不眠、気分の落ち込み、希死念慮、誰にも会いたくない、疑心暗鬼といった症状が現れるようになりました。
平成27年より病院に受診するも、治療を中断してしまうこともありました。
主治医から障害年金の診断書のお話しがあり、障害年金の手続きを決意しました。

K.Hさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は、時間を置かないと食べることができない。
●自分で入浴する気になれず、家族に促されないと入浴する気になれない。
●買い物は一人で行くことが難しい。
●家族から「今日は薬飲んだ?」と声掛けをしてもらっている。
●よく相手が何を言っているのか分からなくなる。
●集中力が落ちているので、怖くて車の運転ができない。
●職員の話が理解できず、よく何度も聞き返してしまった。
●日常生活全般が1人で行うことができない。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .K.Hさんの声


障害年金受給代行を依頼する前は、これから先、どう生活したらよいのか、どう生きていたらよいかに悩んでいました。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、病院の先生から話を聞いて、インターネットで調べました。

障害年金受給代行を知って、すぐに依頼しました。

全国障害年金パートナーズを依頼した決めては、全てお任せできると思ったから。
電話でとても誠実に、お話をしていただけた。

実際に依頼してみて、安心できました。

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
大変でも、相談することから、一歩が始まると思います。
一人ではない。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!