うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

生きていくには、お金は必要です(福岡県 N.Yさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:N.Yさん
性別:女性
年齢:30代
都道府県:福岡県
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約123万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約680万円)

 

2.事例


家庭と仕事の両立に悩んでいたN.Yさん。
めまい、頭痛、人に会いたくないといった症状が現れるようになりました。

病院では双極性障害と診断され、
長年勤めていた会社も、双極性障害の症状により、退職となってしまいました。
現在に至るまで働けない状態が続いています。

 

N.Yさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●料理をすることができず、代わりに夫が食事を作ってくれる。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに夫が掃除・片付けをしている。
●何を買えば良いのか分からなくなる。
●病院には一人で行けず、夫の付き添いがないと行くことができない。
●人と話をするのが億劫で苦手。
●ODをしてしまった。
●銀行やATMでお金の出し入れはできない。
●横になって過ごしている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に2級の年金が認められました。

 

3 .N.Yさんのご主人の声


障害年金受給代行を依頼する前は、家族の将来のこと、お金のこと、妻の症状悪化のこと、

全てに不安で、毎日悩んでいました。

全国障害年金パートナーズを知ったきっかけは、障害年金のことを知り、携帯で障害年金とは?を

調べていた時に、代行で書類作成等を行っている会社があることを知りました。

年金事務所で書類をもらい、申請書記入の方法等、知識のない自分では時間がかかる上に、

不受給になる可能性があると感じたため、すぐに依頼をしました。

 

全国障害年金パートナーズを依頼した決め手は、書類作成の方法等、

妻の症状のことをより詳しく表現してくれ、自分達家族の事に真剣に向き合い話を聞いてくれ、

信用できたから。

実際に依頼してみて、診断書と役所の書類の申請以外は、全て代行してくれて、

難しいと言われていた遡り請求までも受給できるようになり、妻とゆっくり療養に専念することができ、

家族を救ってもらいました。
本当にありがとうございました。

 

全国のうつ病で苦しんでいてまだ障害年金を受けていない人へ
生きていくには、お金は必要です。仕事することが困難で、悩んでいる方、家族がうつ病で不安な方は、一度話を聞いてもらうだけでも、楽になります。
真剣に取り組んでくれるので、苦しんでいる方の力に、必ずなります。
お金があると、無理せず、ゆっくり療養できるのは間違いないです。
自分のため、家族のため、まずは相談してみてください。




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!