うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

退職後、傷病手当金も終了し、収入がなくなり、今後の生活が不安でした(福井県、H・Yさんの事例) | 社会保険労務士事務所 全国障害年金パートナーズ


1.基本情報


氏名:H・Yさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:福井県
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約168万円(次回更新時までに受け取れる総額は、約224万円)

 

2.事例


コロナウィルスの影響で会社の業績が落ち、社内の空気が悪くなりストレスを感じていたH・Yさん。そのような中、片頭痛、動悸が激しくて寝れない、不安、幻聴、と言った症状が現れるようになりました。
体調悪化により仕事を退職後、現在まで働けない状況が続いています。

H・Yさんの日常生活の状況は次のとおりです。

●食事は1日1食程度しか摂ることが出来ない。
●部屋の掃除や片付けはできず、代わりに妻が掃除・片付けをしている。
●買い物は一人で行くことができず、代わりに妻・家族が買い物に行っている。
●予約した時間に病院に行くことができず、遅刻・キャンセルをしてしまう時がある。
●知らない人からの電話に出ることができない。
●電車やバスといった公共交通機関を一人で利用できない。
●外出の頻度は病院に行く時程度に限られる。
●基本的には臥床しており、身の回りの多くに妻・家族の援助を必要としている。

私たち全国障害年金パートナーズがサポートした結果、
無事に遡って2級の年金が認められました。

 

3 .H・Yさんの声


退職後、傷病手当金も終了し、収入がなくなり、今後の生活が不安でした

YouTubeで障害年金受給代行を知り、インターネットで閲覧しました。

遠方と言う事もあり、地元や近県で依頼した方が、より相談に乗ってもらえるのでは?と思い、すぐに依頼せずに地元で調べました。

優しく親身に相談に乗って頂き、メールのやり取りの中で不安が解消されたのが決め手で依頼しました。(他所の先生には基本自分で、書類や役所とのやり取りをするものだと言われました)

実際に依頼してみて、全て導いてくださり、「どうしたら良いか」の不安がありませんでした。

病気の事を理解してくださり、障害年金の専門の先生なので、1人で悩んだり、専門外の方と話すしんどさを経験する時間を無くせます。全国障害年金パートナーズの先生に相談してみてください。

 




うつ病になったティラノサウルス




障害年金の無料判定はこちら!