うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

うつ病で思うように働けず収入が少ないことが不安でしたが、2級がとれて良かったです!(神奈川県Y.Kさんの事例)

【基本情報】
氏名:Y.Kさん
年代:30代
性別:女性
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:総合コンサルティング
結果:障害基礎年金2級・障害厚生年金2級
年金額:約145万円
【事例】
生命保険会社の人事課で社員のクレーム対応や社内不祥事のもみ消し対応、
社員間の人間関係のいざこざへの対応を業務としていたY.Kさん。
毎日激務で、仕事が終わって家に着くのが夜中の1時という生活を送っている
だけでなく、上司によるパワハラやセクハラも日常化していました。
その結果、体重も一時期38キロまで落ち、会社と契約している看護師の
勧めにより心療内科を受診したのが治療の開始となりました。
めまいや吐き気・味覚がなくなる・胃炎・不眠・意欲低下・希死念慮といった
症状があり、重度のうつ病と診断されました。
症状は中々良くならず、仕事を継続することも困難になったため退職。
その後も転職を繰り返すも長期間働くことができず、
現在は療養に専念しています。
Y.Kさんの日常生活の状況は次のとおりです。
●食事は一日1食か2食で、菓子パンを主食としている
●調理はできない
●入浴は二日に1回でお湯を浴びる程度
●外出しない日は着替えも行えない
●掃除も全く出来ないためすべて夫が行っている
●買い物に行ったとしても、財布を忘れたり何を買うのか忘れてしまう
●インターネットショッピングで不要な買い物をしてしまうことが多く、金銭管理能力には問題がある
●夫以外の人とはあまり話ができず、話をしたとしても短時間で疲れてしまう
●苦手な人と話をするとオドオドしたり異様に緊張してしまう
●忘れっぽいため火を使った調理は難しい
●集中力がないため、カッターを使ってケガをした。車の運転も困難
●銀行には行けるがパスワードを忘れてしまいお金を下ろせないことがある
主治医に作成してもらった診断書もY.Kさんの現状を適切に反映されたもので、
病歴・就労状況等申立書も適切にできました。
ただ、障害年金を請求する少し前まで働いていたことなどを考えると、
2級と3級、どちらが認定されてもおかしくないという状況でした。
その後、約3ヶ月の審査を経て無事に2級が認定されました。
【Y.Kさんの声】
うつ病で思うように働くことができず、収入が少ないことが不安でした。
あるときネット広告で全国障害年金パートナーズの存在を知りました。
すぐに電話をかけ、電話での対応が他の社会保険労務士事務所にくらべて
丁寧で誠意が感じられたのでコンサルティングを依頼しました。
実際に依頼してみて、思った通り親切で丁寧でとても頼りになりました。
2級がとれて良かったです。
本当にありがとうございました。
uv_18yk



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける