うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

障害年金が受給できるとは思っていませんでした。しかも、短期間での決定に驚いています!(千葉県U.Wさんの事例)


1.基本情報


氏名:U.Wさん
年代:40代
性別:男性
都道府県:千葉県
病名:双極性障害
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアムコンサルティング
結果:障害基礎年金2級・障害厚生年金2級
年金額:約180万円
 

2.事例


約15年前に婦人服売り場の責任者となったU.Wさん。
非常に少ない人数で現場をまわし、朝から晩まで仕事をしていました。
休日出勤は当たり前、平日も4〜5時間は残業していて、
一ヶ月の労働時間は300時間にも達していました。
さらに上司からのパワハラもあって、
不眠・意欲減退・希死念慮といった症状が現れたため精神科を受診しました。
最初はうつ病と診断されたのですがある日躁状態となり、
高級車を買ってしまったり、実務経験のない難解な国家試験を申し込む
といった行動が見られました。
そのため、病名もうつ病から双極性障害へと変更になりました。
仕事を継続しながら治療を行ってきましたが、
症状は安定せず、15年で3回休職しそのうち2回は精神病院で入院しました。
半年前に休職に入り、現在まで復職できない状態が続いています。
U.Wさんの日常生活状況は次のとおりです。
●一人だと食事は1日1食程度で、自分で調理や後片付けはできない
●入浴は週に2回程度
●部屋の掃除は全くできず、ごみやタバコの灰などが床に散らばっている
●人と対面しての買い物はできず、金銭管理も妻が行っている
●通院については、調子の良いとき以外は妻の付き添いが必要
●薬の飲み忘れも多い
●対人コミュニケーションは苦手で相手が何を言っているのか分からなくなる
●休職してから、家族や医師以外の人とは話をしない生活が続いている。
●人がいるため、電車に乗るのも怖い
●銀行でのお金の出し入れなど、社会的手続き等も全て妻が行っている
U.Wさんの障害年金手続きは、初診が15年前ということでカルテが残っているか
不安でしたが、初診の病院にカルテが残っていたため無事に初診日証明が
行えたのが幸いでした。
また、休職中で入院経験があるとはいえ、
一つの会社にずっと在籍している状況でしたので3級となっても
おかしくないというのが実際のところでした。
しかし、主治医に適切な診断書を書いてもらえるように
依頼状や参考資料を丁寧に作り込んだことや
他の書類作成がうまくいったようで、無事2級が認定されました。
 

3.U.Wさんの声


傷病手当金の支給が満了となってしまい、
収入がまったく無くなってしまいました。
何か支援策がないかインターネットで調べていたところ
全国障害年金パートナーズを見つけました。
最初は、着手金が高く依頼をためらいました。
貯金も底をついていたので不安がありました。
しかし、宮里先生とお会いし話をして、先生のお人柄で依頼を決めました。
まさか障害年金が受給できるとは思いませんでした。
しかも短期間での決定に驚いています!
uv_29iy




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける