うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

妻子がいながら生活費すら稼げない私は、生きる価値がないと思っていました(千葉県の中井さんの事例)

1.基本情報


氏名:中井さん
年齢:40代
性別:男性
都道府県:千葉県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:遡及での障害年金3級、事後重症にて2級に変更
年金額:約180万円(遡及額:約300万円)
 

2.事例


上司のパワハラにより不眠・倦怠感・吐き気といった症状が現れ、
うつ病と診断された中井さん。
10年以上も病院で治療を受けていましたが、
中々改善しない状況が続いていました。
うつ病が良くならない理由として、
会社や妻の理解を得られず一人で苦しんでいたという
環境も大きく影響していました。
あるとき、うつ病でも障害年金を受けることができると知り、
全国障害年金パートナーズに依頼してきてくれました。
中井さんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は一日一食程度で、レトルト食品やカップヌードルばかり食べていた
●入浴は週に1回〜2回程度で、着替えも同様
●洗面やひげ剃りは通院日などしか行えない
●部屋の片付けは全くできない
●通院時以外は外に出れないため、買い物にも行けない
●金銭管理はすべて妻が行っている
●1年ほど前に退職して以降、家族や医師以外の人と話をできない状況が続いている
●駅のホームに立っていると電車に吸い寄せられそうで怖い
●文章を理解するのが難しくなっており、新聞や本も読めなくなっている
サポートの結果、
遡及分は3級、将来に向かっては2級となりました。
 

3.中井さんの声


※アンケートにも回答いただいていますが、
中井さんから気持ちをメールで送ってくれましたので
そちらの内容を紹介します。
約10年前、上司である主任のパワハラで病気を発症しました。
発病当初は、心療内科に通っていることを恥ずかしいと考え、
また妻が妊娠中だったこともあり、
課長以外の周囲の人達に隠していました。
打ち明けたのは、ある程度病状が進行してからです。
妻をはじめ、家族、同僚、上司、いずれも理解してくれる人はいませんでした。
例えば、次のような言葉を受けました。
妻:「本当に病気なの?もしそうだとしても、病気になったのは私のせいではない」
妻の親族:「家族がいるのだから、甘えるな」
同僚:「会社が嫌なら転職すればいい」
支店長:「主任を代える予定はない。嫌なら辞めろ」
・・等々です。パワハラという言葉がなかった頃です。
いずれも私の心には絶望感が累積していきました。
会社を休職するとき、妻からは、
「今後の暮らしはどうするの?男は稼いでこそ価値がある。
稼げない夫と一緒にいる意味はない。自殺してもいいよ。
保険金で生活するから」と言われました。
以降、妻とは衝突ばかり繰り返し、病気について話し合えたことはありませんでした。
生活のため、完治しないまま転勤して復職しました。
転属先でも理解は得られず、病状が悪化していったのは初見でお話しした通りです。
Q1 依頼前の悩み
病気退職した後、失業手当で生活していました。
この手当が無くなった後、生活するお金について独り悩んでいました。
障害年金については、職安の事務員から、障害者手帳の取得を
勧められたことがきっかけで知りました。
障害者手帳の申請で保健所を訪れた時、
職員から障害年金のパンフレットを渡されました。
職員に尋ねたところ、大体の制度の説明を受けました。
また、家族のサポートがなければ手続きは難しいとも言われました。
職員は、病気退職時の診断書を見ていました。
「奥様に診断書を見せて話し合われたらいかがですか?」
とも言われましたが、妻から協力は得られないのは明白でした。
Q2 御社を知ったきっかけ
役所の健康保健課や福祉窓口、保健所、
年金事務所でも障害年金の相談窓口はありました。
いずれも制度の仕組みや手続きの概要を教えてくれましたが、
うつ病による申請方法はわかりませんでした。
年金事務所の相談員から具体的な手続き方法を聞きましたが、
精神的・体力的負担が大きいと思いました。
相談員からは、「生活がかかっている正念場だから、踏ん張ってもらわないとね。」
と言われました。
また、「障害年金は、遡及請求で障害認定日の等級で受け取るか、
事後重症請求で書類を提出した時点の等級で受け取るかどちらかになる」
と説明を受けていました。
当初は、障害年金について遠方で生活している叔父に相談していました。
叔父は高齢で持病を抱えており、完全に頼るのは難しいと思いました。
インターネットで調べたところ、障害年金の手続きを代行するサービスがある
ことを知りました。
社労士によって値段やサービス内容に差があり、誰に依頼しようか迷っていました。
その中で、宮里様のホームページに行き当たりました。
Q3 すぐに依頼しようとしたかどうか
叔父に社労士の依頼について相談したところ、生活のかかっている手続きで
第三者に任せるのは危ないと助言されました。
叔父の助言はもっともであり、社労士に依頼することにためらいがありました。
Q4 依頼した決め手
幾人かの社労士とメールでやりとりしたり、面会したりしました。
いずれの社労士も、病状を詳しく聞いてこなかったり、
面会時間が遅い上に待たされたりして、不安要素がありました。
そんな中で、宮里様の「魔法の靴」というコンテンツを数日かけて視聴しました。
私の心配していた、手続き上の精神的・体力的負担について細かく掲載されていました。
宮里様の依頼を決めたのは、実際にお会いした時になります。
まず、私の体調について何度も確認・心配してくれました。
また、年金事務所の相談員よりも詳しい説明を聞くことができました。
ここで、訴求請求と同時に事後重症請求で年金を受け取れることを知りました。
そして、今後起こりうる困難について、包み隠さず教えてくれました。
宮里様は信頼できると考え、その場で依頼することにしました。
Q5 実際に依頼して
他の社労士は、「私達に安心して丸投げしてください」という態度で
却って不安でした。
ところが宮里様は、依頼人と協力して「正しい等級で」年金を受けるという
姿勢で仕事をされていました。
実際に、私の不用意な発言や行動で、等級が低くなったり
不支給となったり恐れがありました。
いずれも宮里様に助言していただき、回避することができました。
いつの間にか私は、役所の福祉窓口や病院のPSWよりも先に宮里様に相談
するようになっていました。
結果、訴求3級、事後重症2級となり、当面の生活費を確保することができました。
依頼して良かったと心から感謝しています。
Q6 その他
私の周囲には、理解者や相談者はいませんでした。
宮里様が、私のために年金事務所等で交渉をしていただいていると思うだけで、
生活の励みになりました。
妻から言われた「自殺してもいいよ」という言葉は、今でも頭の隅にあります。
私は、生活費すら稼げない、生きる価値のない人間と思っていました。
以前、どなたかのコメントで、「診断書を書いてくれないなら自殺してやる」
と言って取り乱してしまった方がみえました。
その方の気持ちは、私にもわかる気がします。
今回、障害年金の受給を通じて、また宮里様のサポートを通じて、
こんな私でも生きていていいんだと思えるようになりました。
これを機会に療養に専念し、いずれは障害者枠で就労したいと考えています。
uv_47ny



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける