うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

母子家庭なのに働く気がわかず金銭面で困っていました(愛知県の加藤さんの事例)

1.基本情報


氏名:加藤さん
年齢:50代
性別:女性
都道府県:愛知県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:事後重症での障害基礎年金2級
年金額:約100万円
 

2.事例


私生活で様々なことが立て続けに起こり、
心身ともに疲弊していた加藤さん。
しだいに不眠・意欲減退・食欲不振・不安・頭痛・過呼吸といった
症状が現れ、メンタルクリニックを受診しました。
子どもの育児も行えず、
市の育児支援サポートを受けていました。
メンタルクリニックで5年以上治療を続けるも症状は良くならず、
会社も転転としていましたが仕事を継続できず、
平成26年半ばからは働くことも困難となりました。
どうやって生活していけばよいのか分からずに困っていたところ、
全国障害年金パートナーズを知り、受給代行の依頼をしたそうです。
加藤さんの日常生活は次のとおりです。
●食事は一日一食で、あとは飲み物だけ。自分で食事を作ることはできない。
●入浴は週に1回〜2回。着替えも同様
●部屋の掃除は月に1回できるかどうか
●買い物は週に一回、最低限のものを買う。
店員と対面することができないため、レジは一人で精算できるものを使う
買い物には事前のメモが必要
●医師に自分の症状を上手く伝えることができない
●人と話をするのがおっくうで、半年以上子どもと医師以外の人と話してない
●お湯を沸かしても忘れてそのままにしてしまう
●子どもを遊びに連れて行くときも市役所の職員についてきてもらった
●市役所での手続きも、職員のサポートがないと行えない
認定日請求を行ったのですが、
過去に就労していた期間が長くあったため
認定日請求は却下され、事後重症で2級が認められることとなりました。
 

3.加藤さんの声


母子家庭なのに働く気がわかず金銭面で困っていました。
YouTubeで情報を探しているときに全国障害年金パートナーズを知り、
すぐに受給代行を依頼しました。
依頼の決め手は「魔法の靴」というYouTubeのビデをでした。
実際に依頼をしてみて、とてもよかったと思っています。
私一人ではとても出来ないことをやってくださいました。
精神的なストレスはゼロでした。
宮里先生の奥様のために始められた障害年金受給の手腕を
私のために発揮して下さい、心がこもっていて嬉しかったです。
uv_55ki



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける