うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

とにかく依頼してください!安心して任せられます(兵庫県の稲垣さんの事例)

1.基本情報


氏名:稲垣さん
年齢:50代
性別:女性
都道府県:兵庫県
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:過去に遡っての障害基礎年金2級
年金額:約78万円(遡及額は約400万円)
 

2.事例


あるときから情緒不安定になってしまい、
夫とケンカしてしまったり食事を家族に投げつけてしまったり
奇声を上げたり家事ができなくなってしまった稲垣さん。
これは病院に連れて行かねばと考えた家族が
心療内科に稲垣さんを連れてきました。
病院ではうつ病と診断され、
薬物療法を継続していましたが体調は良くなりません。
症状には波がありましたが、
不眠・抑うつ状態・希死念慮・動悸・過食・発言がおかしい
といった症状もありました。
10年ほど治療を続けていますが、やはり症状は良くなりません。
当然、仕事をすることもできず自宅での療養を必要としていました。
稲垣さんを一人にしておくのは危ない状況でしたので、
夫も仕事を辞めて稲垣さんの介助に時間をとるようになりました。
稲垣さんの日常生活状況は次のようなものです。
●食事は一日一食で、自分では食事を用意したり後片付けをすることもできない
●入浴は週に一回程度で、着替えも同様
●部屋の掃除や片付けも全く出来ない
●買い物も一人では行けず、金銭管理もすべて夫が行っている
●通院も一人では行けず、夫の付き添いが必要
●家族以外の人とのコミュニケーションは困難
●衝動的に家を飛び出してしまう
●希死念慮が強い
●通院時以外家から出れないため、社会的手続きも自分では行えない
障害年金に必要な書類を準備し、市役所に書類一式を提出しました。
審査をするのは障害年金に厳しいことで有名な
兵庫県の事務センターです。
兵庫県の審査ですので簡単にいかないのは分かっていましたが、
書類提出から1ヶ月後に問合せがありました。
日常生活の詳細を別紙で書いて提出するよう求められました。
稲垣さんの家族に改めて状況をヒアリングし、
日常生活の申立書を提出しました。
それから約2ヶ月。
障害年金の結果が出たのですが、
なんと認定日請求は認められず
事後重症での障害基礎年金2級というものでした。
障害認定日から現在まで継続して2級相当の状態だったにも関わらず
認定日請求は却下となってしまったのです。
なぜ認定日請求が却下となったのか役所に確認したところ、
「父親の介護のため通院の付き添いをしたり、家事の一部を行ったり、
親の見守りを行っていたため、障害認定日時点では2級に該当しない」
というものでした。
しかし事実は違います。
【通院の付き添いの実体】
父親を病院に来るまで送り迎えしていたのは夫で、
稲垣さん自身は体調が良い日に車の助手席に座っていただけ
【家事の一部を行っていたことの実体】
買ってあるお総菜を温めたりお皿に盛り付けたりというのを
体調が良い日にできただけ。
それもすぐ側で家族が見ている状態でないと行えなかった。
【親の見守りをしていたことの実体】
稲垣さんには不眠の症状があり、
夜寝られなかったことから父親に何かあれば知らせてくれ
と家族に言われていただけです。
このように、兵庫県の事務センターの主張は事実確認が不十分な状態で
拡大解釈された結果、2級に非該当と判断されてしまったのです。
更に言うと、父親の介助が必要だったのは障害認定日から6年も後の話です。
障害認定日から6年も経過した後のことを理由に
認定日が2級に該当しないと判断するのもおかしな話です。
こんな結果には納得できませんので、
稲垣さんの家族と相談して審査請求することにしました。
審査請求も医師の協力が得られなかったり
兵庫県の事務センターが中々資料を社会保険審査官に渡さなかったりと
苦労が続きました。
約9ヶ月かかりましたが、色々な工夫をして手続きしたおかげか、
審査請求の結果無事に認定日請求が認められることになりました。
この結果を稲垣さんと家族に連絡したところ、
大変喜んでもらえました。
 

3.稲垣さんの夫からの声


※稲垣さん自身は体調悪化から連絡を取るのが難しい状況でしたが、
稲垣さんの夫からコメントをいただけました。
離婚した方がいいのか、破産や引っ越しといったことに悩んでいました。
そのような中、
偶然インターネットで全国障害年金パートナーズを知りました。
ダメもとですぐに全国障害年金パートナーズに連絡し、
宮里先生に直接電話で話を聞いてもらってから受給代行の依頼をしました。
実際に依頼してみて、
離婚や破産といった悩みが全て小さく、小さくなりました。
大変良かったです。
とにかく全国障害年金パートナーズに依頼して下さい!
難しさ、労力はほとんど要りません。
安心して任せられます。
感謝しています。
uv_35ik



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける