うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

生活に余裕がなく精神的につらかった・・・(埼玉県の佐藤さんの事例)

1.基本情報


氏名:佐藤さん
年齢:40代
性別:女性
都道府県:埼玉県
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約130万円(遡及額は約650万円)
 

2.事例


3人目の子どもが産まれたことをきっかけに育児ノイローゼとなり、
躁うつ病を発症してしまった佐藤さん。
躁状態のときは家族に対して暴力的になる、
うつ状態の時は家事や育児が全く行えないという状況でした。
いくつかの病院で治療を続けていましたが
10年近く経っても症状が改善しません。
そのような中、
障害年金の存在を知り
私たち全国障害年金パートナーズへ依頼してくれました。
佐藤さんの日常生活状況は次のとおりです。
●うつ状態時は買い物に行けない
●躁状態時に買い物すると、万引きをしてしまう
●100万円を1ヶ月で使い果たしてしまうなど、金銭管理は行えない
●自転車に乗っても転倒し、車を運転しても事故を起こしてしまう
●食事を作ることはできず、家族やヘルパーが用意している
●掃除や片付けはできない
●通院には家族の付き添いが必要
●薬の管理は家族が行っている
●うつ状態時は人と話すことができない
●躁状態時は他人に対して攻撃的になる
●バスや電車は、吐き気から乗ることができない
●銀行でお金を下ろそうとしてもパスワードを忘れてしまう
●社会的な手続きはすべて家族が行う
私たちでサポートした結果、
遡っての障害年金2級が認められました。
 

3.佐藤さんの声


生活に余裕がなくても働くと長く続けられず
精神的につらかった。
インターネットで精神障害年金の存在を知り、
情報を検索していて全国障害年金パートナーズを知りました。
すぐに依頼しました。
宮里様の誠実な対応とレスポンスの早さ、
HPの内容が信用のおけるものだったためです。
最終的な手数料は安くはないが、
役所や病院への対応にわずらわされる手間や支給されなかった可能性を考えると、
依頼して正解でした。
素早い対応のおかげで依頼から4ヶ月で障害年金が受給されました。
ありがとうございました。
uv_81sh



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける