うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

専門家としての知識・経験に裏打ちされた指導のおかげで、短期間で受給決定となりました!(神奈川県S.Yさんの事例)

1.基本情報


氏名:S.Yさん
年齢:30代
性別:女性
都道府県:神奈川県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:障害厚生年金2級
年金額:約130万円
 

2.事例


システムエンジニアとして働いていたが、
1ヶ月の残業が130時間、毎日夜11時に帰宅するという状況が
続いていたS.Yさん。
過労が続いたことで動悸・涙が出る・希死念慮・意欲減退・朝起きれない
といった症状が現れました。
うつ病や統合失調症、パニック障害といった診断を受けて治療を継続しましたが、
10年近く経過しても治りません。
仕事も辞め、ここ3年ほどは働けない状態が続いています。
あるときクリニックのカウンセラーから障害年金の申請をしてはどうか
という話を聞きました。
最初は自分で障害年金の手続きをする予定でしたが、
自分でやるのは難しいことが分かり、
私たち全国障害年金パートナーズに依頼してくれました。
S.Yさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は1人だと一日一食程度。自分で食事を作ることはできない
●入浴は二日に一回程度だが、家族に促されないと入浴できないことが多い
●部屋の掃除や片付けもほぼ行えない
●人と対面しての買い物は困難で、金銭管理は親が行っている
●通院も1人で行くのは難しい
●人と話をするとすぐに疲れてしまい、話を聞き流したり生返事になってしまう
●希死念慮が強く、電車や車を見ると飛び込みたくなってしまう
●国保や国民年金の手続きなども、家族のサポートが必要
●文章を読んでも意味が頭に入ってこない
S.Yさんの体調が悪いことから、
障害年金のサポートはS.Yさんの父親と話をしながら進めることが
多かったです。
細かなヒアリングを行い、申立書等の記載内容・表現にもこだわりました。
その結果、無事に障害年金2級が認定されました。
 

3.S.Yさんの声


S.Yさんの体調が思わしくないことから、
S.Yさんの意を父親がパソコンで代筆したものをいただきました。
uv_100sy
uv_100sy2



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける