うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分での申請も考えましたが手がつけられませんでした!(M.Mさんの事例)


1.基本情報


氏名:M.Mさん
性別:男性
年齢:50代
病名:双極性障害
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:障害厚生年金2級
年金額:約175万円(次回更新時までに受け取れる総額は約545万円)

 

2.事例


以前働いていた会社で不遇な対応をされたことで
不安・意欲減退・吐き気・拒食・憂うつ・倦怠感
といった症状が現れたM.Mさん。

体調不良から病院を受診したところ、
双極性障害と診断されました。

躁状態のときは人の3倍働きますが
うつ状態になると何もできなくなってしまいます。

仕事中に急に遠くに行ってしまったり、
車の運転も不安定で警察に通報されることもしばしばありました。

M.Mさんの日常生活状況は次のとおりです。

●食事は自分では作れず、妻が用意したものを何度も促されてようやく食べる
●入浴は週に1回、着替えは3日に1回
●部屋の掃除は全く行えない
●買物は一人ではいけない
●薬の管理も妻が行っている
●コミュニケーションにも支障がある
●人が苦手なため、電車やバスに乗れない
●社会的な手続きは行えない

日常生活への支障度合いは重たいものの、
会社の配慮もあって就労していましたので
3級と考えていたのですが
何と2級が認められました。

予想以上の結果に、M.Mさんにも大変喜んでもらえました。

 

3.M.Mさんの声


自分は支給対象になるのかと不安でした。
自分で申請することも考えましたが、
書類の内容を見ると手がつけられない状態でした。
ネットで情報を探しているときに、
一番分かりやすく、YouTubeの内容も自分の求めているものでした。
すぐに障害年金受給代行を依頼しました。
YouTubeの内容、メールでの問合せの回答、
HPの内容をトータルで考えて依頼を決めました。
障害年金専門でやられていることも、
障害年金受給代行を依頼する決め手となりました。
メールと電話だけで実際にはお会いしていないのですが、
細やかな対応で十分納得です。
障害年金受給は、手続きがめんどうです。
自分のことを理解してくれる社会保険労務士に依頼しましょう。
宮里さんはその1人です。




【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画


全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!



障害年金無料判定を受ける