うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分が困っていることを伝えたら助けてくれる人が現れると感じました(長野県O.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:O.Kさん
性別:男性
年齢:50代
都道府県:長野県
病名:うつ病
請求方法:事後重症
ご利用サービス:プレミアム受給代行
結果:2級
年金額:約140万円(次回更新時までに受け取れる総額は約375万円)
 

2.事例


仕事の営業ノルマがきつく、
残業も多かったO.Kさん。
しだいに不眠・イライラ・意欲減退・不安といった
症状が現れるようになりました。
病院で診察を受けると、うつ病と診断されます。
何とか仕事を続けようとしますが、
病気の症状により思うように働けず、
休職を繰り返していました。
初診から10年以上経ってもうつ病は治らず、
現在4回目の休職をとって自宅療養中です。
O.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は一日二食程度で、朝は食べられない
●入浴は二日に一回、着替えも同様
●買い物は体調が良いときしかできず、周りに人が多いと買い物できない
●薬の飲み忘れや飲み過ぎも多い
●集団行動は困難で、家族以外の人と話をしない生活となっている
●判断を必要とする行為は一人で行えない
私たちでサポートを行うことになり、
2級と3級の間くらいの状態でしたが
無事に2級が認められました。
今回2級が認められたポイントは、
主治医にO.Kさんの状況を正しく伝える資料を作れたこと、
病歴・就労状況等申立書でO.Kさんの現状をきちんと伝えたこと
にあると思います。
 

3.O.Kさんの声


障害年金を受給してしまったら
再就職できなくなってしまうのではないかと
心配していました。
インターネットで全国障害年金パートナーズを見つけ、
障害年金のサポートを知りました。
すぐには依頼せず、
2〜3日考えてから依頼しました。
無料相談では障害年金を受給できる可能性は半々と言われていましたが、
ダメ元で依頼してみることにしました。
思ったよりスムーズに手続きが進みました。
無理して働く必要はないと考えたら、
自分に対して素直になれました。
自分が何に対して一番困っているかを訴えれば、
助けてくれる人が現れると感じました。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける