うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

自分一人で手続きしてどうなっていたかを思うとゾッとします!(東京都のT.Kさんの事例)

1.基本情報


氏名:T.Kさん
性別:男性
年齢:20代
都道府県:東京都
病名:うつ病
請求方法:認定日請求
ご利用サービス:簡易受給代行
結果:2級
年金額:約78万円
 

2.事例


留学先での生活が体にあわず、
ストレスをためていたT.Kさん。
しだいに気分が落ち込み、朝起きられない、
希死念慮といった症状が現れるようになりました。
日本に帰国して病院に行ったところ、
うつ病と診断されます。
何とか就職して働いてはいたものの、
体調を崩すことも多く、
中々仕事が長続きしません。
ここ1年ほどは休職して療養に専念している状況が続いています。
T.Kさんの日常生活状況は次のとおりです。
●食事は何とか食べれるが、インスタント食品ばかりとなっている
●入浴は二日に一回、着替えも同様
●部屋の掃除はできない
●買い物に行っても余計なものを買ってしまう
●集団行動は困難
●家族の援助により生活できている
はじめは自分で障害年金の手続きを進めていたT.Kさんですが、
自分で手続きするのは難しいと感じ、
全国障害年金パートナーズに依頼してくれました。
私たちがサポートした結果、
無事に2級が認められ、
T.Kさんにも大変喜んでもらえました。
 

3.T.Kさん声


診断書などの提出書類はそろったが、
自分で記入しなければならない「病歴・就労状況等申立書」を
どう書いたら良いかで悩んでいました。
申立書は自分で書くよりもプロの社労士さんに書いてもらった方が
良いと思い、精神疾患に詳しい社労士さんを探しているときに
全国障害年金パートナーズの障害年金受給代行を知りました。
他の社労士さんと金額面やサポート面を比較検討してから決めたかったので
すぐには依頼しませんでした。
受給代行を依頼する前に、
宮里さんと対面で様々な相談をさせていただきました。
他の社労士さんとも簡単に相談はしてもらったのですが、
宮里さんからいただいたアドバイスが具体性・知識量ともに
素人の私からみてもずば抜けていました。
「宮里さんは精神疾患の障害年金申請のプロなんだな」
と肌身で感じ、宮里さんに依頼しようと決めました。
病歴・就労状況等申立書以外の書類はすでにそろえていましたので
簡易受給代行の依頼になりましたが、
本当にスピーディに対応していただきました。
宮里さんのおかげで、
無事に障害年金を受給することができました。
あの時、
自分一人で申請手続きを行っていたらどうなっていたかと思うと
ゾッとします。
障害年金の受給申請自体は確かに自分一人でも調べればできます。
ただし、プロの社労士さんにお願いした方が受給が通る可能性が
グーンと上がるのは紛れもない事実です。
宮里さん、今回は本当にありがとうございました!
※T.Kさんには、体調不良によりアンケートの手書き回答が難しいことから、
メールにて回答いただきました。



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける