うつ病による障害年金専門社会保険労務士事務所

【たけしーさー日記】分からない言葉に”喝”を入れたよ

From:たけしーさー
ぼくの名前はたけしーさー、
全国障害年金パートナーズに住んでいるシーサーで
下北沢の平和を守るヒーローさ。
いつも宮里とお客さんとの打合せや
相談を聞いているんだけど、
何かモヤモヤするんだ…
違和感があるというか。。。
そんなある日、宮里が外出中に電話がかかってきたんだ。
普段ならぼくが電話に出ることはないんだけど
何となく電話をとってしまったんで宮里の代わりに
相談を受けることにしたんだ。
電話の相手からの相談は
障害年金コンサルティングの報酬について聞きたいんだって。
プレミアムコンサルティングの報酬が年金3ヶ月分、
総合コンサルティングの報酬が年金2ヶ月分で、
着手金が事前に必要になるといったことを話しました。
すると相手は
「分かりました。まずは着手金をお支払いして、
年金の受給が決まったら2ヶ月分か3ヶ月分の金額をお渡しすれば良いんですね」
といいました。
ちょっと誤解させてしまったかな、と思った瞬間
”これか〜!!!”
と思わず心の中で叫んでしまいました。
お客さんと宮里との会話で違和感を感じていたものの正体が
ようやく分かったんだ。
「着手金」という言葉が分かりにくいんだ!
全国障害年金パートナーズの報酬は
「着手金+成功報酬」ではないんだ。
報酬は年金2ヶ月〜3ヶ月分で、
その中から着手金として一定の金額を事前にもらうだけなんだ。
例えば、報酬が20万円で着手金が10万円だったとすると、
コンサルティングが成功したら20万円の報酬から
先にもらった着手金の10万円を引いた残り10万円をもらうんだ。
これを誤解している人が多いからずっとモヤモヤしていたんだ。
早速電話口のお客さんに説明したところ、
「そうだったんですね。コンサルティングの依頼を前向きに検討します」
と言っていたので、そのうち正式な依頼がありそうだ。
さて、これからどうしようか。
今のお客さんには誤解をといてもらえたけど、
ホームページをみて勘違いしちゃう人は他にもたくさんいるはず。
よし、ここはぼくが一肌脱ごう!
全国障害年金パートナーズの守り神として、何か考えよう。
宮里にはいつもおやつをもらっていることだし。。
たけしーさーは考えた。
事務所の中を歩き回りながら、
人間よりも長生きしているシーサーの知識と経験をフル活動して。





「前受金」にしよう!
この名前であれば前もって受け取るお金ということで、
着手金のように報酬と別途の費用と勘違いしなくてすむだろう。
ぼくって天才だと改めて思うよ。
見た目は子犬サイズ、頭脳は大人顔負け、
それがたけしーさーなのさ。
宮里はまだ外出から戻って来ていないけど、
待ってらんないんで、今すぐホームページを直しちゃうよ。
ぼくは頭の良いシーサーだから、
ホームページを修正することなんてお茶の子さいさいだよ。
前足でキーボードをたたき、
後ろ足と尻尾で体のバランスをとる、
たけしーさー入力モードさ。
普通にキーボード入力をすると肉球が邪魔をしてうまく入力できないんだけど、
そんなときはちょっとだけ爪を出して入力すればOKさ!
能あるシーサーは爪を隠すってね。
ほらでけた。
自信作なんで一度見てちょうだい。
何かおかしいところがあってもクレームは宮里にしてね。
ではでは。
たけしーさーが直したホームページのサービスメニューはこちら

http://spartners.jp/service.html



【魔法の靴】うつ病で障害年金をもらうための動画

全国障害年金パートナーズの代表である
宮里竹識(みやざとたけし)が
はじめて障害年金の手続きを行った時のストーリーをお話しします。

うつ病による障害年金はなぜこんなにも難しいのか、
どうすれば障害年金という経済的安心を手に入れることができるのかを
知りたい人は、必ずこの動画を見てください。

この動画を見て宮里に障害年金の受給代行を依頼したい人、
まずは自分が障害年金を受け取れるか知りたい人は、
下のボタンをクリックして障害年金無料判定を受けてください!


障害年金無料判定を受ける