うつ病による障害年金専門の社会保険労務士事務所

保険料を支払わなくても受給できる障害年金があること、知ってました!?


644ab2c61cecbe8a83c793b6cc565fc6_s
うつ病に限らず、障害年金を受給するためには一定の保険料納付要件を満たしていなければなりません。
しかし、例外的に保険料を支払っていなくても障害年金を受給することができる場合があることを、ご存じでしたか?
今回は、このような保険料納付要件を満たしていなくても受給することができる障害年金についてお話します。
その対象となるのは、初診日が20歳前にある人に対する障害基礎年金です。
昭和61年の法改正までは、「障害福祉年金」と呼ばれていました。
日本の年金制度は社会保険方式といって、年金加入者が支払った保険料を財源の中心としています。
しかし、保険料を支払っている人だけが障害年金を受給できるとなると、20歳で国民年金に加入する前に障害になった人は障害年金を受けられないということになってしまいます。
保険料を支払わなかったことに本人の過失がないこと、若年で障害者になった人には所得保障が必要だったことから、保険料の支払いを不要とする障害年金が例外的に設けられました。
この20歳前障害年金は、保険料納付を要件としていないこともあり、本人の所得が高いと対象となりませんので、ご注意下さい。
20歳前傷病による障害基礎年金の受給要件は、次の2点です。
①20歳前に初診日があること
②一定の障害状態にあること
ちなみに、20歳前に初診日がなかったとしても、昭和36年4月1日前に初診日がある場合も対象となります。
これは、国民年金の保険料の拠出がはじまったのが昭和36年4月1日であるため、それ以前は保険料の支払いが義務づけられていなかったからです。
とはいえ、この例外規定に該当する人は現在では少なくなっていますので、新規でこの手続きを行うことはほとんどないと思います。





Fatal error: Uncaught TypeError: extract(): Argument #1 ($array) must be of type array, string given in /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/wp/wp-content/themes/themes-snp-v5/lib/functions/bzb-functions.php:333 Stack trace: #0 /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/wp/wp-content/themes/themes-snp-v5/lib/functions/bzb-functions.php(333): extract('') #1 /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/wp/wp-content/themes/themes-snp-v5/single.php(79): bzb_get_cta(446) #2 /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/wp/wp-includes/template-loader.php(106): include('/home/miyazato1...') #3 /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/wp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/miyazato1...') #4 /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/index.php(17): require('/home/miyazato1...') #5 {main} thrown in /home/miyazato1980/spartners.jp/public_html/wp/wp-content/themes/themes-snp-v5/lib/functions/bzb-functions.php on line 333